旬花様の場合

旬花様の場合

地元では「問い合わせの敷居が高い」サービスをお伝えできるサイトに
日本料理 旬花 様
URL:http://www.kaiseki-syunka.com/

日本料理旬花様は、長野市内の善光寺表参道で完全予約制の懐石料理を提供しているお店です。
長野市内で「完全予約制」というと、地元では敷居が高く利用しづらいイメージがあります。あえてそのサービス形態を取ることで、ご予約を頂いたお客様に100%のおもてなしができるようにと心がけています。ふらっと立ち寄って食事ができるお店ではないだけに、お料理の味、サービスの質にこだわったお店です。

サイトオープン当初について

旬花様

ウェブサイトがあることで、予約でしか知ることのできなかったお店の特長を様々な方に見て頂けるということから、2005年12月の店舗オープン時に合わせてサイトをオープンしました。
最初に開設したウェブサイトは、店舗のサービスが開始される前に作られたものだったので、月日が経つごとにイメージや内容が、実際のサービスとズレが生じるところも出てきました。
都度、サービスに合わせて内容を追加したり修正したりということを繰り返していましたが、2013年に完全にリニューアルをすることにしました。

こんなご要望を頂きました

料理

最初のウェブサイトはFLASHを使い、日本料理・懐石料理と旬花のイメージを伝えられるデザインのものでした。
お店の運営と合わせてウェブサイトの運用をして行く中で、ご利用して頂くお客様にはFLASHのようなイメージよりも「早く内容を見たい・早く電話番号を知りたい」という意図を感じたため、使い勝手の良いサイトになるようにしました。

リニューアル後のお客様の反応はいかがですか?

料理

ウェブサイトからのお問い合わせは開設当初と比べて増えましたが、その反面で予約前にお店と会話をしたいというお客様が増えました。お客様自身が、店主の雰囲気や話し方を確認したいという気持ちからの行動だと思いますが、リニューアル後のウェブサイトはその入口になっていると感じています。

ウェブサイトの運用について

会員様用のウェブサービスを考えています。その他にも店舗を拡張し天ぷらの提供も始めたので、より効果的に宣伝ができるようにウェブサイトを広げて行きたいと思います。

価格・味とも負けないものをご提供しているので、これからも告知をしていきたいと思います。

ウェブサイトURL
http://www.kaiseki-syunka.com

こんな作り方をしています。

トップページに大きめの写真を使って建物の趣を伝えることと合わせて、ナビゲーションの整理や電話番号の表示、予約フォームの整理などを行いました。
日常業務の合間でもウェブサイト内の情報を更新することができていたため、できるだけご自身で操作をして頂けるようにテンプレートを整理し、ブログも設置しています。

CMSにはMovable Type5を使用し、更新するコンテンツに合わせて3つのブログを使い分けています。
また季節に応じてサイト内の写真も変化するので、長野の四季をご覧頂けます。